ウェルビーヘルスケアロゴ5-ALA原体販売
障害者雇用の総合コンサルティング
ウェルビーヘルスケア株式会社

障害者雇用支援サービス

障害者雇用サポートについて

全国で就労移行支援事業所などを運営するウェルビー株式会社では、支援機関や医療機関と連携しながら障害のある方の就職活動をサポートしてまいりました。
また、障害者が会社で長く働き続けることができるよう、職場の上司や先輩、同僚の方と連携しながら、就労定着支援を行ってきた実績がございます。

「障害者雇用を特別なものとして捉えず、通常の雇用管理の一環と考える」
このような考えを持つ企業が増えて欲しい・・・。との想いから、2019年4月、ウェルビー株式会社の子会社として、主に企業向けのサービスを提供する「ウェルビーリンク株式会社」を設立しました。
※2021年8月13日に名称を「ウェルビーヘルスケア株式会社」に変更いたしました。

2006年に施行された障害者自立支援法(2012年~障害者総合支援法)において一般就労を希望する障害者を企業につなぐ就労移行事業が創設され、障害者雇用率の引き上げと共に、年々就職者の数は増加の一途を辿っています。一方で雇用側である企業へのサポートは決して満足いくものとなれていないのが現状です。障害者雇用において、大事なことは「孤立」させない事です。悩んでいる当事者や企業を孤立させないために、地域の様々な支援者が連携して、障害者雇用を支える仕組みを構築することが重要です。
私たちはこれまでの就労支援の経験をフルに活用し、それらの架け橋となって障害者雇用の仕組みづくりに貢献していきたいと考えています。 雇用管理の「少しの工夫」が多くの人にとって働く機会の提供につながることになり、その先に、働きたい人が当たり前に働ける社会の実現を目指していきたいと考えています。

サービス内容

ウェルビーヘルスケアでは、企業の障害者雇用に関するさまざまな問題を解消するために、職務の選定や創出、企業向け研修、人材紹介、サテライトオフィスなどの5つの雇用支援サービスを軸に企業の悩みに応じたサービスを提供いたします。

5つの雇用支援サポート

企業が抱える悩みごとを5つのサポートを軸に解決・サポートいたします!

職務選定・創出 業務の切り出し・新たな仕事の創出をサポート 企業向け研修 企業の課題に応じて必要な研修のご提案・実施 個別サポート 課題発生時に、企業と従業員双方をサポート 人材紹介 企業と求職者のマッチングをサポート ※ 有料職業紹介事業許可申請中職務選定・創出 業務の切り出し・新たな仕事の創出をサポート 企業向け研修 企業の課題に応じて必要な研修のご提案・実施 個別サポート 課題発生時に、企業と従業員双方をサポート 人材紹介 企業と求職者のマッチングをサポート ※ 有料職業紹介事業許可申請中
職務選定・創出サポート 職務選定・創出サポート

障害者雇用を検討しているまたは既に雇用しているが業務の割り振りに困っている企業に対して、業務の切り出しをサポートし、新たな仕事を創出・ご提案いたします。

企業向け研修

企業の意向や目的、課題に合わせて必要な障害者雇用に関する研修をご提案し、ランチミーティングや社内の定例会などに組込みます。
30分から実施時間の調整が可能です。
精神保健福祉士、ジョブコーチ、臨床心理士、作業療法士などの就労支援の経験が豊富なスタッフが実施します。

具体的な事例

障害の特性と実践し出来る配慮ポイントについて
初めて障害者を採用する場合の実習・面接・内定・採用の流れや注意事項についての研修
経営陣向けの障害者採用のメリット・提案の研修

※その他研修のご要望についてはぜひご相談ください

職場定着・雇用管理 個別サポート

課題発生時に、企業と障害のある従業員双方にとって長期的なメリットとなるようサポートいたします。
また、障害者総合支援法による障害福祉サービスの対象に該当しない方について、「職場定着サポート」やフォローアップ研修や個別課題に向けてのサポートを提供します。
※その他研修・サポートのご要望についてはぜひご相談ください

職場定着サポートとオプションサービス 職場定着サポートとオプションサービス

職場定着サポート事例

定期面談によるマネジメント方法の共有
医療との橋渡し
障害の特性と配慮ポイントについて情報提供
自己管理のサポート

※その他、ご相談・ご要望に応じてサポートします

人材紹介 人材紹介

企業の要望と障害のある求職者の経験と希望をヒアリングした上で、マッチングをサポートいたします。

サテライトオフィス サテライトオフィス

サテライトオフィスで、企業と雇用契約を結んだ障害者が働き、その業務管理及び雇用管理をマネジメントいたします。

職場定着サポートの流れについて

ウェルビーヘルスケアが考える職場定着サポートのゴールは、職場に受け入れ文化が浸透し自然なサポート体制が構築されること、本人の自己対処力の向上、地域・医療を含むサポート体制の確立です。
入社直後から約1年後の離職の多い期間は集中サポート、入社して1年以降のある程度安定して長期課題や変化への対応が必要な見守りサポートというように、職場の環境やご本人の状況に応じて、ゴールに近づくにつれて支援者の介入頻度を減らしていきます。
その場合も、課題発生時の連絡体制は維持しています。

お客様の声

ウェルビー株式会社及びウェルビーヘルスケア株式会社の企業向けサポートを利用もしくは検討している企業の声をご紹介します。

企業の方からのコメント 企業の方からのコメント

障害者雇用についてこんな悩みや課題が貴社にはございませんか?

  • ハローワーク経由で採用したが障害者へのサポートがなく、すぐに辞めてしまう・・・・
  • 障害者雇用を検討しているがノウハウがないため社内での賛同がとれない
  • 採用した障害者について、現場から問い合わせが多くて対応に悩んでいる
  • 雇用を考えているが、どういう業務を任せればいいのかわからない
  • 雇用した経験が少なく、精神障害や発達障害のある方にどう対応すればいいのか
  • 職場になじめず体調を崩す方にどうフォローすればいいのか教えてほしい
  • 障害者の雇い方がわからず、最近は人材会社に障害者を紹介してもらっている
  • できるだけ長く働いて定着してほしいがすぐに辞めて続かない
  • 障害のある従業員への配慮が難しい

障害者雇用に関するお悩みごと、ウェルビーヘルスケア株式会社が解決・サポートします!
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください